FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Page up▲

「アスペルガー症候群」の映画を観た。

2009/08/16(Sun) 14:52
映画

「音符と昆布」



出演: 池脇千鶴/市川由衣
監督: 井上春生
脚本: 井上春生

【内容紹介】
一見ごくフツーの女の子にみえるけれど、
大きな負い目を2つ抱える木暮もも。
ひとつはお母さんがいないこと。そしてもうひとつは、嗅覚がないこと。
そんな彼女を突然訪ねてきた、生まれて初めて出会う実の姉・かりん。
姉がいることすら知らなかったももは戸惑った。
さらにかりんは自閉症のひとつのタイプである「アスペルガー症候群」で―。


。。。

「アスペルガー症候群」を描いた作品ということで。ずっと気になっていた。

今日ついに観ました。

が!!

同じ「アスペルガー症候群」と言われた私にとって、
この作品の感想は疑問ばかりでした。

症例は人それぞれだから、
この作品を見て「わかる」ってなる方もいるのかもしれない。

でも私には極端過ぎる気がして観てて嫌な気分になった。
私はこうじゃない。違う。

そして。ありえない展開。
結局、この作品は何を伝えたかったのか?

演技と音楽は凄く良かったです。


テーマ: ひとりごと
ジャンル: 心と身体

trackBack(0) | Comments(1)

Page up▲

Post a Comment

comments

2009/08/17 14:37 [ 編集]
- MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Page up▲

Post a Comment

Private message

Calendar
07 | 2018/08 | 09

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。