FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Page up▲

「永遠。」村山 由佳 著

2009/05/06(Wed) 06:27
読書

「永遠。」
村山 由佳 (著)

文庫: 144ページ
出版社: 講談社 (2006/10/13)



【あらすじ】
生きることに無器用なひとなのね。それが私にはいとしかった―
葉月さんは亡くなる前、娘の弥生と幼なじみの僕に話してくれた。
かつて別れた恋人のことを。弥生はその男の向かいの部屋に住み、
彼の講義を聴きに短大に通った。「お父さん」と、一度も告げられずに。
卒業式の日、僕は弥生の帰りを待つ―。


「あとがき」を読んで知ったのですが。
この作品は映画「卒業」サイドストーリーだそうです。

でも。この作品だけでも充分に楽しめます。
それは著者も解説を書かれた方も断言している。。
私自身も読んでいて最後まで違和感に気付かなかった・・・

。。。

この「永遠。」。まず。文章が読みやすい。
風の様にスイスイと自分の中に入って来る感じ。
私はスグに。この著者の文章に好感を持ちました。にこハート

特に[葉月]さんの話す言葉が好き。
水の様に空気の様にスーッと入って来ます。Brilliant.

内容も良かったのですが。ここが好みの分かれる所。
ハッキリと結末を教えてくれない作品。
自分の想像で納得して終わらす事が出来るタイプか?
結局どういう事?何で??と。
ハッキリ結末が無い事に納得しないタイプの人間か。。

小説好きの大半は前者になるのかな?
小説って漫画と違いハッキリ結末を教えてくれない。
「あとはあなたの想像におまかせします。」的だもんね。

私は後者の人間です。。
ハッキリしないとムズムズ気持ち悪いし。気になって仕方無い。かお汗

つまり。この作品は肝心な気になる部分を教えてくれない。
ご想像にお任せします作品と。なっているのです。汗手書き風シリーズ矢印下
その理由に先ほど書いた。
映画「卒業」のサイドストーリーという存在が有るのですが。

その部分さえ除けば。この小説は大好きです。Brilliant
だけど著者達にとっては「その部分」が重要なんだそうな。
(本書の「あとがき」参照)

本書の「あとがき」は30ページ弱と有るんだけど。
本編の小説の文体は風の様で好きだった。
でも。「あとがき」は。まるで別人みたいで?
せっかくの読後感は全てサーッと消えた。手書き風シリーズ割れハート

この著者の本来の作風がどうなのか。。
私にとって。この「永遠。」は。
著者の[村山 由佳]が気になるモノとなりました。かお絵文字名を入力してください

。。。

映画 「卒業」

製作年: 2002年
収録時間: 113分
出演者: 内山理名 堤真一 夏川結衣
監督: 長澤雅彦



【あらすじ】
卒業を控えた短大生・麻美はある雨の日、
心理学講師の真山に赤い傘を差し出す。
以来、麻美は真山と時を重ねるが、
実は以前から麻美は真山をそっと見つめ続けてきた。
亡き母の愛した男、そして自分の父親として―。


。。。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

ト音記号ランキングに参加中ト音記号
クリックして頂けると凄く嬉しいです。はーとキラキラ


テーマ: 読書
ジャンル: 小説・文学

trackBack(0) | Comments(4)

Page up▲

Post a Comment

comments

2009/05/06 10:57 [ 編集]
snow rabbit681 MAILURL

ブログで本を紹介出来るくらいには気持ちが持ち上がってきた様ですね^^
よかったです。

さて、村山由佳さんの小説・・・。

僕も偶然図書館で見つけて読んだらハマってしまい、続編が出る度に本屋さんで購入して、いつのまにか置く場所がなくなるのと同時に旅好きも重なって、その小説の舞台の場所にまで行ってしまったくらいのモノがあります(もちろん列車で・・・^^;実際の主人公も列車で行く設定になってるんですよ)。

もうお分かりかもしれませんが、あとでその話も今日のブログに更新したいと思います。

それではまた後で(^^)ノシ

2009/05/06 18:05 [ 編集]
ゆきの MAILURL

体調はその後どうでしょうか(´・∀・)
今夜は気持ちよく眠れますように。。。゜*:。.

AKIさん本読むの本当に速いですね(゜ω゜)
ブックレビュー、最近多いのでびっくりです
これならお医者さんからの誤解も解けるかもしれないですね゜*:。.

村山由佳、以前読んだ時は中学生くらいで、オトナな恋愛に気恥ずかしくなっちゃった覚えがあります笑
でもAKIさんのレビュー見てたらまた挑戦してみたくなってきました゜*:。.
今度探してみます(>∀<)

2009/05/11 19:01 [ 編集]
* AKI *゜ MAILURL

> ブログで本を紹介出来るくらいには気持ちが持ち上がってきた様ですね^^

本を紹介。。
コレ実は紹介しているというよりも
自分が忘れない様に書いているだけなんです。
いついつ、この本を読んで。
こんな内容で。この部分が気に入ったと。
それと。最近。本ばっかを書いているのは。。
。。。自分の事が書けなくなってしまったんです。
良い方向じゃ無く。悪い方向。。
自分の事が書けなくなって。
でも。何かは書いておかないと記憶が飛んでしまうから。
とりあえず。何か書いておく。。。と。

> さて、村山由佳さんの小説・・・。
> その小説の舞台の場所にまで行ってしまったくらいのモノがあります(もちろん列車で・・・^^;実際の主人公も列車で行く設定になってるんですよ)。

私はまだ。「永遠。」しか読んで無くて。
他の作品は名前程度しか知らないので、わかりませんが。
この数日で数冊、集めてみました。
とりあえず。有名所な作品を。
小説。かなり溜まっているので。また。のんびり読みます。

2009/05/11 19:09 [ 編集]
* AKI *゜ MAILURL

> 体調はその後どうでしょうか(´・∀・)

重いです。。全然。気持ちが上がってくれない。
とりあえず。土曜に病院は行って来ました。
また。病院日記で書きますが。。

> AKIさん本読むの本当に速いですね(゜ω゜)
> ブックレビュー、最近多いのでびっくりです

読みやすいのから読んでいるんで。
それが理由だと思いますー。
でも。この数日は全然です。読む気になれない。。

> 村山由佳、以前読んだ時は中学生くらいで、オトナな恋愛に気恥ずかしくなっちゃった覚えがあります笑

私も。この作品を読んだ後に数冊。
有名所な作品を購入しましたが。
確かに大人な恋愛ばっかですね(苦笑)。
まだ読んでいないんで。何とも。わかりませんが。
あらすじを読んだ限りでは「永遠。」は他と少し違うと思います☆

Page up▲

Post a Comment

Private message

Calendar
11 | 2018/12 | 01

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。